ピストンヘッド交換など

AKですが。
昨日の現場で測定した初速、0.25gで77m/s。
先ほど空けてみたらピストンヘッドが大変な事に。
恐らくコレが原因かと。
c0128911_22114419.jpg

ブローバックボルトに耐えられなくなって変形しちゃってます。

早速メタルのピストンヘッドに交換。
c0128911_22125316.jpg

ピストンヘッド、マルイ純正ウェイト、アルミピストントータルの重量が53.5g。
ちょっと悪ふざけしすぎか?

他のレシピとして
アングス0.9JスプリングM
システマスプリングガイド
での初速80m/s前後。


面白い様な衝撃も無いのでピストン軽量化。
ノーマルピストンにウェイト無しでSEALsピストンヘッド。総重量35.5g
更にとりあえずの処置としてフルサイズのシリンダーに穴を空けてみた。
パカ山さんの教えに則って計算。
インナーバレルの容量(08インナーバレル205mm)
3.04*3.04*3.14*205=5949
アウターの容量の60%
4*4*3.14*160*0.6=4823

その1.9倍
20466.8

シリンダー断面積
12*12*3.14=452.16

20466.8/452.16=45.26

シリンダーの有効長は45mmに決定。
シリンダーヘッドがささる分を考えて穴を空けたらこんな感じ。
c0128911_22174080.jpg

ちなみに左はM4なんかに入っているシリンダー。
穴は汚いけど、パッキンに悪影響が少なくなる様に、空けた穴周辺の内部は死ぬ程コンパウンドで磨いてます。

で、初速はホップちょいがけで90弱。解放だと85くらい。
アングスMじゃ弱いのね。

ピストン〜ピストンヘッドは、ボルトに対する衝撃考慮と可能な限りの軽量化を考えると現状でFIX。ピストンヘッドのリングパッキンはSEALsのピストンヘッドに付いてきたものとマルイ純正で比較したけど差が無い。現状はマルイ純正。
あとは、スプリングとシリンダーくらいか。

と、内部的にはH416と似た様な方向性になってきているけど、問題はブローバックボルト。
こんな風にひっかかっちゃう。
c0128911_22284385.jpg

どうも勢い余って乗り上げている模様。
c0128911_22291387.jpg

で、乗り上げてピストンヘッドに当たる部分の先端がメカボから出ちゃう。
こりゃ困った。

<追記>
スプリングをフェニックスMP100に交換。
で、解放95前後、ホップちょいがけ97m/s前後に落ち着きました。
しかし、ブローバックボルト問題はまだまだ改善せず。
[PR]
by mick_mars | 2008-08-21 22:45 | AK104 SOPMOD
<< リンさん出来たよ〜。涙 SEALs水曜定例会 >>