ノマグの初速の安定に関して

先日書いた初速の安定に関してI川博士にヒントを頂きました。
現状ではフルロードに近い強いテンションでノズルが弾に押し上げられて適正な位置にあるのでは無いかと。

バネを強くする事ばかり考えていましたが、一晩経って、はたと気付きました。
空に近い状態でもノズルが少し上になるようにすれば良いんじゃんね。

対策としてHK416のレシーバーの内側、トリガー前方に銅箔テープ(0.03mm)を3枚程貼ってみました。これでメカボごとノズルの位置を上げようという狙いです。
フルロードで適正位置から少しズレる可能性も有るけど、両立出来る場所も有るのではないかと。

結果、最初から最後まで91m/s半ば〜92m/s半ばで安定しました。

これ、個体差の問題でしょうね。多分、こんな銃、滅多に無いと思う。
[PR]
by mick_mars | 2008-11-02 20:42 | HK416
<< AKMの振動対策 BCU in プランクトンズ >>